糖尿病の原因と症状〜事前にチェックして病気を防ぐ〜

healthy food

糖の仕組み

食事によって糖が体に入るとインシュリンというホルモンによって細胞内にエネルギーとして取り込まれます。インシュリンは酷使すると動きが悪くなるので糖尿病予防には糖の過剰摂取を抑えることが大切です。

▷ M O R E

糖尿病の合併症

糖尿病になると合併症になることが多いです。多いのが視力低下や体の疲れ、手足の痺れ等の症状です。トイレに行く回数が増えた人や尿が泡立つ人は要注意です。検査を行う必要があります。

▷ M O R E

足に出る症状

糖尿病になった場合は足に症状が出てくることが多いです。足が冷えることや痺れ、火照り等を感じた場合は要注意です。また、こむら返りや瑞節、ふやけて皮が向けてくるということもあります。

▷ M O R E

糖尿病の症状

糖尿病は現代病と言われる病気の一つです。ライフスタイルや遺伝的な要因が絡んでくることにより、発症していきます。糖尿病自体は、自覚症状があまりないということも多いです。しかし、糖尿病は合併症を引き起こす可能性が非常に高い病気です。しっかりと日常生活でケアを行わないと、様々な合併症を引き起こしていきます。日常的にチェックできる項目として、やたらとのどが乾くことやトイレが近くなるということがあります。また、足に症状が出ることが多く、むくみや火照り、冷えを感じることも多いです。足の皮膚がただれて水虫になることや、皮がむけてくるということがでてくることもあります。目がかすむことや、肌の乾燥等という症状がでてくることもあるので、これらの症状が出てきた場合は、早めに病院に受診することが大切です。

糖尿病を予防するためには、糖を過剰に摂取することをやめる必要があります。また、糖尿病にはいくつか効果があると言われている栄養素があります。毎日の食事に加えて、サプリメントを活用すると効率よく摂取することができるようになります。亜鉛やオリゴ糖、ビタミンB1、B6、E、マグネシウム等が糖尿病の予防や改善に有効と言われています。また、糖尿病の改善には、定期的な運動を行うことも大切です。無理しない程度に食事を見直し、ほどよく運動を行うことで症状を改善させることができます。食事が偏りがちになってしまう時等には、サプリメントを併用することで必要な成分を補うことができます。合併症や糖尿病の改善のためにも、生活を改善させていくことが大切です。

糖尿病の原因

糖尿病は遺伝因子と環境因子というものが複合的に絡まり症状が現れます。糖尿病は自覚症状がなくて気づかないうちに進行しているということが多いです。定期券検診やコンディションへの気配りを行い、早期発見を目指しましょう。

▷ M O R E