糖尿病の原因と症状〜事前にチェックして病気を防ぐ〜

足に出る症状

糖尿病の症状は足に出る事が多い

糖尿病になると体の調子が普段と変わる事が多くなるため、生活をしていて普段と違うと感じたら糖尿病の症状かもしれないので検査を受ける事が大切です。症状は体の多くに出てきますが、特に足の部分に糖尿病の症状が現れるケースが多いため紹介していきます。 寒い季節でもないのに足が冷える事が多くなったら注意が必要で、足の血行が悪くなり足が痺れる事が多いです。また足が火照る事もあり足の温度が高くなる事もあるので、そういった場合にも足の痺れが発生するため、痺れが発生した時には糖尿病の検査を受ける事が大切です。足が痛い時にも注意が必要で、怪我をしたり打撲をしていないのに、足が痛い時には糖尿病の症状の可能性が高いです。

体が疲れやすくなった場合は検査を受ける事が大切

寝ている時にも足に症状が現れる事が多く、足の感覚がなかったり朝方冷え込んだ時に、こむら返りが起こる事が多いです。糖尿病になると水虫ができる事もあり水虫になったり、足がふやけて皮が捲れてくる時にも糖尿病を疑ってみる事が大切です。このように糖尿病になった時の症状としては足に出る事が多いため、お風呂で体を洗うときには足に注目しておく事が重要です。 足以外に現れる症状としては喉が渇いて大量の水分を飲む事が多くなったり、体がだるく疲れやすい体質になる事が多いです。普段運動をしていて体が健康なのに疲れやすい状態になった場合は、糖尿病が発症している可能性が高いため検査を受けると良いです。トイレに行く回数が増えた場合も糖尿病の症状かもしれないので、病院へ行く事が肝心です。