糖尿病の原因と症状〜事前にチェックして病気を防ぐ〜

糖尿病の原因

糖尿病とインスリンの関係

糖尿病とはインスリンという血糖値を下げるホルモンの作用が低下したため体内に取り入れられた栄養素をうまく利用できずに血液中のブドウ糖が多くなってしまっている状態をいいます。 膵臓からのインスリン分泌不足の場合(インスリンが足りない状態)と肥満などによるインスリンの作用がでにくくなる場合(インスリンがあっても血糖値が下がらない状態)があります。 糖尿病の原因は大きく2つに分けられ「遺伝因子」と「環境因子」があります。 遺伝因子とは親や兄弟が糖尿病である遺伝体質であること、環境因子とは肥満、過食、高脂肪食、運動不足、ストレス、喫煙などです。 これらの因子が重なることによって糖尿病は発症すると考えられています。

自覚症状の種類と早期発見

糖尿病は自覚症状が無くても気付かないうちに進行してしまう病気です。血糖値が高い状態が続くとさまざまな合併症を起こします。 糖尿の自覚症状としては異常にのどが渇く、トイレが近く尿の量が多い、だるい、疲れやすい、空腹感が強く食欲旺盛になる、食べているのに痩せる、手足がしびれたりつったりする、などがあります。 糖尿病の合併症の予防には早期発見、早期治療が決めてです。糖尿病は自覚症状があらわれた時にはかなり病気が進んでしまっていることが多いです。発症に気付かずに5年から10年そのままで過ごしてしまう人も少なくありません。 自覚症状がでる前から普段からの自分のコンディションへの気配りや定期健診などをしっかりして早期発見することが大事です。