糖尿病の原因と症状〜事前にチェックして病気を防ぐ〜

糖の仕組み

あらゆる細胞が衰えていく糖尿病

食事によって糖が体内に入ってくると、糖は血液の中に溶け込みます。そしてその糖は、インシュリンというホルモンによって細胞内にエネルギーとして取り込まれていくことになります。しかしインシュリンの働きが悪くなると、糖がうまく細胞に入っていかなくなり、血中に残ったままになります。つまり血糖値の高い状態が続くことになるわけですが、これが糖尿病です。 糖が血中に残ったままだと、細胞はエネルギーをもらうことができずに、どんどん衰えていきます。これにより、内臓がうまく機能しなくなるという症状、目が見えにくくなるという症状、手足を動かしにくくなるといった症状が出てきます。つまり糖尿病になると、あらゆる細胞が衰えることで、全身に症状が出てくるようになるのです。 症状が悪化すると、完全に失明してしまったり、手足の細胞が壊死して切断することになったりすることもあります。そのためそもそも糖尿病にならないようにするために、日頃から食生活には気をつける必要があります。

糖の吸収をゆるやかにすることが大事

インシュリンは、酷使することで徐々に働きが悪くなっていくので、糖尿病を予防するには、インシュリンを労わることが大事です。インシュリンは糖の過剰摂取によって無理して働くようになるので、食生活における糖の摂取量を控えることが、糖尿病の予防には有効と言えます。 また、インシュリンは全く使わずにいても、働きが悪くなっていきます。断食などをおこなって完全に糖の摂取を断つことは逆効果なので、摂取しつつ量をうまく調節する必要があります。 そのために便利なのが、食べ物によって取り込まれた糖の吸収をゆるやかにする作用のあるサプリメントです。食物繊維や植物性タンパク質が多く含まれているサプリメントで、それを飲むことで糖が通常よりも遅いスピードで血液に溶け込むようになります。そのためインシュリンは、無理せずゆっくりとしたペースで働くことができるようになり、その結果糖尿病の発症が防がれるというわけです。